2019年3月16日(土)新しい代々木八幡駅の使用開始です☆

2019年3月16日(土)始発から、新しい小田急代々木八幡駅の使用開始となります☆

 

 

小田急電鉄では、代々木八幡駅の、上下線同一で10両編成の列車が停車できる”島式ホーム”と、橋上駅舎の構築を2015年から進めてきました。

 

 

新たな駅舎は洗練されたシャープな外観が特徴で、大型ガラスから採り入れる自然光や、内装に使用した木材によって温かみを感じる空間にするとともに、自然換気を取り入れ環境に配慮されています。

 

 

多目的トイレは十分な広さがあって、車椅子でのご利用も楽にできそうです。

また、女子トイレにはパウダーコーナーもあったり、照明も柔らかくてとても落ち着いた空間となっています。枕木の廃材を使った壁面のデザインも素敵ですね。

 

 

改札の内外にエレベーターが設置されていてバリアフリーも充実しています!

 

 

ホームと車両の隙間が広い箇所には、列車が到着したときに床面からステップが張り出し、隙間を少なくする設備がつきました!ホームドアも設置されて安心ですね。

 

 

今後は、改札階から山手通りへの連絡通路が設置されて、南北の自転車専用横断橋も設置されます。

 

 

春の小川♬のモデルとなった川が、かつて富ヶ谷付近を流れていた”河骨川”と言われています。

それにちなんで、丸い水槽に泳ぐ”めだか”のデザインがあります☆さてどこでしょう、、、

 

 戻る
^
error: Content is protected !!